第2章【09】今、何をやるべきか?

今、何をやるべきか?

 

この本を、ここまで読んだあなたは、大学受験の英語対策のために、今、何をやればいいかわかりましたね。

そうです。現在の実力を問わず、過去間の英文を徹底的に隅から隅まで読むのです。

センター試験を受けるならば、センター試験の過去間がベスト。

あれこれ問題集に手を出すより、まずは、過去間に集中したほうがいいことは分かっています。

この方法で、大幅に得点力がアップした人が毎年毎年多く出続けているのです。大幅に。

しかし、冷静に考えてみてください。

たとえば、センター試験の英語長文問題を、設問も含め、十年分を隅から隅までやって、そこに出てきた単語、熟語、文法事項など完全に覚えたら・・・・・・。

得点力がアップするのも実力が付くのも、当然ですよね。

 

ロッケー式英文読解法には、中学英語を丁寧にやり直す授業から、国公立大学二次試験レベルの授業まであるので、あなたの現在の英語力がどんな状態であっても、きっとあなたの英語力をアップさせる助けとなるでしょう。

 

 

 

 

関連記事

  1. 第2章【05】英文読解からはじめよう

  2. 第2章【01】3倍速く正確に英文が読めるようになる画期的方法

  3. 第2章【03】「英語」だけ、やればいいというものでもない